バランローズクリームシャンプーの成分・解析

バランローズクリームシャンプーの成分を調査・解析!

バランローズクリームシャンプーの成分を調査・解析!
ホワイティ
ホワイティ
こんにちは!ホワイティです!
今回はバランローズクリームシャンプーの成分について徹底調査・解析していきます!

バランローズクリームシャンプーを試す際に、
どんな成分を使用しているのか、気になる部分もあると思います。

  • バランローズクリームシャンプーに含まれている成分は?
  • バランローズクリームシャンプーは本当に髪や頭皮に良いの?
  • バランローズクリームシャンプーは安全?

などの気になる点について調査して、
安心・納得してバランローズクリームシャンプーを使用できるように紹介していきたいと思います。

↓今なら通常4980円が1980円↓


【バランローズクリームシャンプー】の公式サイトで成分をチェック!

この記事の目次

バランローズクリームシャンプーを原材料の成分から調査!

どんな成分が入っているの?

バランローズクリームシャンプーに含まれる原材料は
どんな成分?

気になる疑問を調査してみました。

バランローズクリームシャンプーの成分:オーガニックオイル

5種類のオーガニックオイル

バランローズクリームシャンプーには、
5種類のオーガニックオイルが入っています。

1:アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルとも呼ばれており、
植物油で、モロッコのアルガン樹の種子からとれる貴重なオイル。

・オレイン酸
・リノール酸
・ビタミンA
・ビタミンB
・ビタミンE

を含んでいます。

皮脂に近い成分で、肌の保湿・活性化にも役立つ、多機能万能オイルです!

2:ローズマリー葉油

スーッとした香りが特徴のハーブ、ローズマリー。

強壮薬としても古くから使われており、
「若返りのハーブ」とも呼ばれます。

抗菌作用などもあり、血行をうながしたり、
新陳代謝を促進したりと、様々な効能も…。

特に頭皮の血行改善に注目されており、
抜け毛や育毛促進、白髪やフケの悩みにも期待できそうです。

3:バオバブ種子油

アフリカに生息するバオバブの木の種子からとれる油です。

・オレイン酸
・リノール酸
・パルミチン酸
・ステロール
・ビタミンA
・ビタミンE

を含んでいます。

保湿力が高く、肌を滑らかにする力があると言われています。

4:ラベンダー葉油

ラベンダーの葉から抽出したオイル。
酢酸リナリルを多く含みます。

酢酸リナリルは、セロトニンを、誘発する効果があるとされ、
その香りには、鎮静作用やリラックス作用あるともされています。

ラベンダーは、とても良い芳香としても有名ですよね。

ホワイティ
ホワイティ
古くから、万能ハーブとして扱われ、アロマテラピーにも利用されることが多いですが、
香りだけではなく、肌にも良いとされているんですよ。

肌の炎症を鎮静したり、免疫向上といった役割にも注目されています。

5:ニオイテンジクアオイ油

ゼラニウム油とも呼ばれます。

独特な香りをもつ精油。

その香りにより、気分を高揚させたり、不安を鎮めたりなど、
心のバランスを保つ時に使用されることも。

また、肌を引き締め、皮脂の分泌バランス、
皮膚ダメージの回復などに役立つ
とされています。

【バランローズクリームシャンプー】の公式サイトで成分をチェック!

バランローズクリームシャンプーの成分:オーガニックエキス

オーガニックエキス7種

バランローズクリームシャンプーには、
7種類のオーガニックエキスが入っています。

1:トウキンセンカ花エキス

和名では、キンセンカ。
カレンデュラ、ポットマリーゴールドとも呼ばれます。

古くから薬用植物として知られており、
肌の保湿や、紫外線ケア、保湿ケアなどの他に、
湿疹や炎症を鎮める作用に優れている
と言われています。

2:加水分解ダイズエキス

大豆エキスを酸や酵素などで加水分解してとれるエキス。

イソフラボンやサポニン、ビタミンやミネラルも豊富に含んでいるため、
いろいろな美容製品に使用されていますね。

保湿力が高いため、潤いのある肌質へ整える効果に注目され、
シワ、たるみなどのエイジングケアにも期待されています。

3:ホホバエキス

ホホバ科ホホバ属の常緑低木。
種子から採れるエキス。

美容成分が豊富なため、
「奇跡の植物」とも呼ばれています。

アミノ酸成分も多く、スキンケア・ヘアケアに
多く利用されています。

皮脂の分泌をコントロールしながら
肌を保護し、フケ対策
にも使用されています。

4:ハイビスカス花エキス

ハイビスカスは、南国でよく見かけるお花ですね。

見た目も美しいですが、その成分も優秀です

クエン酸、リンゴ酸、ポリフェノール、ピルビン酸、アントシアニンなどの成分を含み、
スキンケア商品に利用されることも多いエキス。

保湿機能も高く、肌を柔らかく整える効果にも注目。

5:ダマスクバラ花エキス

バラの中でも最も香りが良いとされている、ダマスクローズ。

バラは、その香りの良さだけではなく、
古くから薬としても使われており、
女性ホルモンの働きを整えると言われています。

香りの癒し効果が絶大のため、心のストレス軽減とともに、
肌ストレスの緩和効果にも注目されています。

また、抗菌作用、毛髪育成、整腸作用、免疫力を高めるなど、まさに花の女王のパワーは計り知れないものがあるようです。

6:ローズマリー葉エキス

ローズマリー葉油の項目をどうぞ

7:ラベンダー葉エキス

ラベンダー葉油の項目をどうぞ
 
↓今なら通常4980円が1980円↓


【バランローズクリームシャンプー】の公式サイトで成分をチェック!

バランローズクリームシャンプーの成分:ニオイケア成分

ニオイケア成分配合

チャ乾留液

お茶(チャノキ)の枝葉を乾留したもの。

ポリフェノールやカテキンを多く含みます。

収れん作用や消臭効果に優れています。

カキタンニン

柿に含まれているタンニン。
柿の渋みの部分です。

消臭効果や抗菌作用があると言われています。

バランローズクリームシャンプーの成分:毛髪を健やかに保つ成分

毛髪を健やかに保つ成分配合

センブリエキス

リンドウ科センブリ属の草から抽出したエキス。
苦みが非常に強い植物です。

漢方薬として古くから使われています。

血行を改善する作用があることから、育毛・発毛促進として注目されています。

オウゴン根エキス

シソ科コガネバナの根から抽出したエキス。

漢方にも使われています。

抗炎症作用、抗菌作用、収れん作用、保湿作用など
肌に良いとされる効果の他に最近では、育毛促進にも注目されています。

【バランローズクリームシャンプー】の公式サイトで成分をチェック!

バランローズクリームシャンプーの成分:フケ・痒みケア成分

フケ・痒みケア成分

カンゾウ根エキス

マメ科の植物、甘草(カンゾウ)の根から採れるエキス。

こちらも古来から漢方薬の一つとして利用されています。

フラボノイドやグリチルリチンを含み、
皮膚の炎症を抑える作用があると言われています。

バランローズクリームシャンプーの成分:頭皮ケア成分

頭皮ケア成分

オトギリソウ花・葉・茎エキス

セイヨウオトギリソウ、セントジョーンズワートとも呼ばれます。

抗菌作用を持ち、肌の状態を整える力があるので、
保湿ケアなど、美容用品にもよく利用されています。

最近では、精神状態を整える効果にも注目され、栄養補助食品としても人気です。

ザクロ果皮エキス

ザクロの果皮には、ポリフェノール(エラジタンニン)が多く含まれています。

抗酸化作用、抗炎症作用がとても強い植物。

ホワイティ
ホワイティ
ザクロは、女性のためのエイジングケアにもよく利用されていますね。

ダマスクバラ花油

ダマスクローズから抽出した精油。
約200個分で、たった一滴しか抽出できない言われる、とても貴重なオイルです。

ガリカバラ花

薬屋のバラ(アポセカリーローズ)とも呼ばれ、古くから薬用花として使われている原種のバラです。
消臭・消炎効果やお肌のバランスを整える作用にも期待されています。

【バランローズクリームシャンプー】の公式サイトで成分をチェック!

バランローズクリームシャンプーの成分:その他

セタノール

アルコールの一種。
乳化安定作用が高く、化粧品や美容製品によく利用されています。
皮膚を保護する働きも。

ベヘントリモニウムクロリド

4級アンモニウム塩でカチオン界面活性剤(陽イオン界面活性剤)。
柔軟性、帯電防止性、殺菌性があり、多くのヘアケア製品に使われています。

イソステアリン酸水添ヒマシ油

ヒマシ油に水素を加えて作られる水添ヒマシ油とイソステアリン酸より作られる成分。
植物由来の成分で、刺激が少なく、皮膚を柔らかくする働きがあります。

(水添ロジン/ジイソステアリン酸)グリセリル

松やにの不揮発性の成分(ロジン)に、水素を加えたものと、
グリセリンにイソステアリン酸を結合して作られる油性成分。
皮膚を柔らかくする働きの他に、素材を均一にのばし、膜の持ちを保つ働きもあります。

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル

非イオン界面活性剤。
乳化剤として化粧品などに広く利用されています。

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

非イオン界面活性剤。
乳化剤として化粧品などに広く利用され、
肌への刺激は少ないと言われています。

ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド

4級アンモニウム塩でカチオン界面活性剤(陽イオン界面活性剤)。
帯電防止や柔軟効果があり、ヘアケア製品に使用されることが多いです。

加水分解水添デンプン

トウモロコシデンプンを酵素分解し、水素を加えて作られた成分。
保湿力が高く、肌の保護や髪の修復にも優れています。

ステアリルアルコール

パーム・ヤシ由来のアルコール。
乳化剤として化粧品などに広く利用されています。

BG

アルコールの一種で1,3-ブチレングリコールの略称。
保湿成分として、化粧品にも多く使われています。

PEG-90M

ポリエチレングリコール-90Mの略称。
乳化剤や、親水性増粘剤として使用されます。

エタノール

酒精とも呼ばれ、お酒に含まれる成分。
揮発性で、殺菌や消毒作用があるため、お掃除などにも広く利用されています。

シリカ

鉱物(石)としての存在が有名ですが、植物や体内にも少量存在しています。
コーティング剤や安定剤として美容製品に使用されています。

クエン酸Na

クエン酸のナトリウム塩。
調味料として食品に使用されています。。
また、抗凝固薬としても使われることもあります。
肌の調子を整え、酸化防止の役割も持ちます。

グリセリン

アルコールの一種で、グリセロールとも呼ばれます。
甘味料として使われたり、保存料、保湿剤、潤滑剤としても幅広く利用されています。

グリシン

アミノ酸の一種。
体内にも存在しており、アミノ酸として様々な役割を持っています。
医薬品や化粧品、食品など、身の回りの物に幅広く使われています。

硫酸亜鉛

亜鉛を希硫酸に溶かして作られる結晶。
抗菌性のある成分。

イソプロパノール

イソプロピルアルコールとも呼ばれます。
アルコールの一種。
消毒、殺菌に優れ、エタノールの倍の効力を持つと言われています。

フェノキシエタノール

グリコールエーテルの一種。
菌の増殖を防ぐ役割として、防腐剤・殺菌剤として、
パラベンの代わりに化粧品などに使われることが多くなっています。

ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

防腐剤・保存料として化粧品などに良く使用されます。

香料

 

↓今なら通常4980円が1980円↓


【バランローズクリームシャンプー】の公式サイトで成分をチェック!

バランローズクリームシャンプーの全成分を一覧にまとめました

バランローズクリームシャンプー成分
セタノール
ベヘントリモニウムクロリド
イソステアリン酸水添ヒマシ油
(水添ロジン/ジイソステアリン酸)グリセリル
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
アルガニアスピノサ核油
バオバブ種子油
カンゾウ根エキス
チャ乾留液
カキタンニン
センブリエキス
ホホバ葉エキス
トウキンセンカ花エキス
加水分解ダイズエキス
ラベンダー花エキス
ダマスクバラ花エキス
オウゴン根エキス
オトギリソウ花/葉/茎エキス
ローズマリー葉エキス
ザクロ果皮エキス
ハイビスカス花エキス
トウキンセンカ花エキス
ガリカバラ花
グリコシルトレハロース
ダマスクバラ花油
ラベンダー油
ローズマリー葉油
オトギリソウ花/葉/茎エキス
ローズマリー葉エキス
ニオイテンジクアオイ油
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド
加水分解水添デンプン
ステアリルアルコール
BG
PEG-90M
エタノール
シリカ
クエン酸Na
グリセリン
グリシン
硫酸亜鉛
イソプロパノール
フェノキシエタノール
ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル
香料

【バランローズクリームシャンプー】の公式サイトで成分をチェック!

バランローズクリームシャンプーの成分調査まとめ

バランローズクリームシャンプーについて、成分を調査してみました。

髪や頭皮の負担をできるだけ少なくするための成分、
天然由来のものを中心に配合されているようですね。

バランローズクリームシャンプーについて、

  • バランローズクリームシャンプーは頭皮と髪の悩みにトータルアプローチできる21種の成分が配合されている
  • バランローズクリームシャンプーは天然由来成分98%が配合されている

というまとめになりました!

↓今なら通常4980円が1980円↓


【バランローズクリームシャンプー】の公式サイトで成分をチェック!

※このサイトの情報は2019年3月時点なので詳しくは【バランローズクリームシャンプー】の公式サイトで確認してください。